ホワイトルマンは肌への影響はないのか?敏感肌や乾燥肌でも大丈夫なのか?

Pocket

一般的なシミ・そばかす対策の商品は塗るタイプが多いので、乾燥肌や敏感肌の場合は、合わない事があります。

「シミ・そばかすを治そうと思ったのに、逆に肌荒れがひどくなった」という経験をした事がある人も少なくないでしょう。

塗るタイプのものは自分の肌にあったものしか使用する事ができないのがデメリットなのです。

ホワイトルマンも、飲むシミ・そばかす対策の医薬品ですが、同じようにシミ・そばかすに対して効果が期待できるものなので、肌への影響を気にする方もいるかもしれません。

乾燥肌や敏感肌に対してもしっかりと効果を発揮してくれるのか、飲み続けても問題ないのかなどを解説していきます。

ホワイトルマンの乾燥肌への影響は?

結論から言えば、ホワイトルマンは、シミ・そばかすに対しての効果が期待できますが、乾燥肌にも効果が期待できます。

乾燥肌には外因性と内因性の2つのパターンに分かれます。

外因性は外からの紫外線などの刺激で引き起こされるものの事を言い、内因性はストレスや栄養不足などが原因で引き起こされるものです。

ホワイトルマンには、ビタミンB2とビタミンEが含まれているのは説明してきましたが、これらの成分が肌に働きかけてくれるので、乾燥肌の改善に役立つのです。

主な効果は以下になります。

主な効果
・遅れているターンオーバーを促進させてくれる
・皮脂の分泌をコントロールする事ができる
・抗酸化作用によって乾燥自体を予防してくれる

ホワイトルマンの敏感肌への影響は?

乾燥肌の改善にも役に立つビタミンB2ですが、敏感肌にも効果があります。

ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康を維持するためには欠かせない栄養素で、肌のヒリヒリ感やチクチク感を感じる人には特に飲んでほしい医薬品なのです。

ビタミンB2の効果で肌のターンオーバーを促進させる事で、敏感肌を改善させることができます。

乾燥肌とは?

乾燥肌は、肌がカサカサして水分がない状態の事を言う、と思っている方が多いと思います。もちろん間違いではありません。

もう少し詳しく解説すると、肌は角質がバリアとなって水分を維持しています。健康的な肌の方の場合は、汗などの水分と皮脂が混ざってできる皮脂膜で覆わています。

しかし、この皮脂膜という天然の保湿クリームが少なくなってしまう事で肌は乾燥してしまうのです。

乾燥肌の種類

一言で「乾燥肌」といってもその種類は様々です。

その中でも、以下の4つが代表的な乾燥肌の種類になります。

乾燥肌の種類
・乾燥性敏感肌
・脂性乾燥肌
・超乾燥肌
・加齢性乾燥肌

肌の状態によって症状が違ってくるので、一度確認しておきましょう。

乾燥性敏感肌

乾燥性敏感肌は、間違ったお手入れのやり方や気温の変化、紫外線のダメージなどによって角質層が剥がれ落ちやすくなり、肌の水分が低下してしまう状態の事を言います。その為、乾燥しやすく、刺激を受けやすい状態になってしまっているのです。

刺激に対して非常に敏感になってしまっているので、ハウスダストや雑菌などで炎症を起こしてしまう事もあります。

ケアや対策
・角質層の水分が減ることが原因なので、肌の水分量を改善する為の洗顔方法や保湿ケアをしてあげる事が大事です
・肌が刺激を受けやすくなっている状態なので、添加物の少ない良質なスキンケア化粧品を選ぶようにしましょう

脂性乾燥肌

脂性乾燥肌は、混合肌とも言われていて、カサカサしている部分とベタベタしている部分が混在している肌の事です。

この乾燥肌のタイプは、日本人に最も多いと言われています。

一見すると脂っぽい肌なのでついつい洗顔をし過ぎてしまう事もあります。しかし、洗顔をし過ぎてしまうと、逆に皮脂を過剰に分泌してしまう事になるので、ますます乾燥してしまう事になります。

脂性乾燥肌(混合肌)の特徴は、肌が厚く、毛穴が広がりやすいので、皮脂による肌のテカリが目立っていてくすんで見える事です。

この肌のタイプの人は、Tゾーンを中心として、額や鼻、あごなどににきびなどができやすくなります。その他の顔周りに関してはそこまで影響は出ない事が多く、乾燥しがちだったりします。

ケアや対策
・カサカサしている箇所とベタベタしている箇所があるので、それぞれに合ったスキンケア化粧品を選ぶことが大事です
・ケアに関してもそれぞれの肌の特徴にあった方法で行いましょう
・脂性乾燥肌の場合、生活習慣の乱れやストレスが原因だったりする事があるので、規則正しい生活や十分な睡眠をとって、バランスの良い食生活を心掛けましょう

超乾燥肌

超乾燥肌は、乾燥肌がさらに進行してしまっている状態の事をいいます。

超乾燥肌の特徴は、以下のようなものが挙げられます。

超乾燥肌の特徴
・スキンケアをしているのに乾燥している感じがする
・口元や頬が白く粉を吹いたようになってしまっている
・化粧水をつけるとしみたりピリピリする感じがある
・朝のメイクノリが悪い

洗顔をし過ぎないようにするためには、一度目の周りや口の周りに乳液をのせておき、疑似的にオイリーな状態にしておくと落とし過ぎを防止する事ができます。

ケアや対策
・洗顔のし過ぎに注意し、熱いお湯の入浴を避けるようにする事が大事です
・洗顔や入浴などのあとには必ず、乳液や保湿クリームで保湿をする事を忘れずに行いましょう
・エアコンなどの冷暖房機器を使い過ぎないようにし、部屋が乾燥しないようにしましょう
・食事に関しては、良質な油を適度に摂るようにしましょう

加齢性乾燥肌

加齢性乾燥肌は、老人性乾燥肌とも言いますが、肌を保湿する為の皮脂や汗、肌の保水力に大切な成分である角質層のセラミドやコラーゲン等が、年齢とともに減ってしまう事で乾燥が進んでしまう状態の事を言います。

これは、空気が乾燥をする秋から冬にかけて症状が出やすく、腰回り、太もも、すねなどが特に症状が出やすいです。肌がカサカサして粉を吹いたような症状がよく見られます。

症状が進行してしまうと、真皮に存在するかゆみの知覚神経維が表皮に現れるようになるので、ちょっとした刺激でかゆみを引き起こしたりします。

さらに進行してしまうと、皮脂欠乏性湿疹やかき壊しにより起こる硬貨状湿疹になってしまう事もあります。

ケアや対策
・洗顔をし過ぎないようにし、熱いお湯の入浴を避けるようにしてください
・39度~42度くらいのお湯に約10分間浸かるのが良いでしょう
・入浴後は乳液や保湿クリームをしっかりと塗るようにしてください
・エアコンなどの冷暖房を使い過ぎないようにして、部屋が乾燥しないようにしてください

敏感肌とは?

敏感肌は、医学的に明確な定義がありません。

「メイクや洗顔をした時に肌がチクチクしたり、ヒリヒリしたりする」「肌がつっぱる感じがするのに、目に見える特別な症状が特に見られない」などの状態の事を敏感肌と呼ぶのが一般的です。

敏感肌は、健康的な肌に比べてバリア機能が低下していて、皮脂が少なく乾燥しやすい状態になっていることが多いです。

体調の変化やストレス、冷房や暖房などのエアコンの効いた環境などで肌が敏感に反応してしまい、トラブルが生じやすいのです。

肌の状態は4つある

肌には大きく分けて4つの状態があります。

肌の4つの状態
・健常肌
目立った症状がなく、健康的な肌の事です。
キメが整っているので、潤いがあり、ハリや弾力などもあります。
・不安定肌
疲れや睡眠不足、季節の変わり目、ストレスなどの刺激で一時的に肌トラブルになりやすい状態の事をいいます。
・敏感肌
紫外線や化粧品、外気のほこりなどで皮脂トラブルが起こりやすくなっている状態の事をいいます。
ほとんどの人には刺激にならないようなものに対して敏感に反応してしまいます。
・疾患肌
アトピー性皮膚炎や光線過敏症などの疾患がある状態で、皮膚科で治療する必要がある状態の事です。

敏感肌の原因は?

肌は、通常保湿機能があり、表面は皮脂で覆われています。

そして、角質層にはアミノ酸などのNMFが水分に抱きかかえられていて、角層細胞の間にはセラミドが隙間を埋めるように存在して水分を保っているのです。

この保湿機能の事を「皮膚のバリア機能」と言います。この機能があることで外部からの色んな刺激から肌が守られています。

しかし、間違ったスキンケアなどを行っていると、肌のバリア機能が低下してしまうので、水分を保つ事ができなくなり、肌が乾燥してしまう事になります。

また、肌のバリア機能を低下させる要因は間違ったスキンケアだけでなく、内的要因や外的要因で引き起こされる事もあります。

内的要因と外的要因
・内的要因
生活環境の変化等で内面的なものが要因のもの
心理的疲労、睡眠不足、栄養の偏り、暴飲暴食、生理、妊娠、更年期障害、ストレス、皮膚の乾燥などを引き起こす疾患など
・外的要因
外部からの刺激が要因のもの
紫外線による刺激、化粧品、湿度や温度などの周りの環境の変化、汗、ほこり、ダニ、金属、衣類など

ホワイトルマンは脂っぽい肌でも効果があるのか

オイリー肌になりやすい人の場合、生活習慣やストレスなどで皮脂分泌が過剰になってしまっていることがあります。

そんなオイリー肌の方でもホワイトルマンは使う事ができます。

敏感肌や乾燥肌にも効果が期待できるビタミンB2は、脂質の代謝も改善させてくれ、摂取した脂質をスムーズにエネルギーとして使われるのを助けてくれるので、皮脂の分泌を抑えるのです。

また、ビタミンCの効果でコラーゲンの生成を促進してくれ、インナードライ肌を防いでくれるので、皮脂の過剰な分泌を抑えることができるのです。

ホワイトルマンはニキビ跡を消すことができる

ニキビには色んな種類があり、ニキビ跡にも様々な種類があります。

代表的なのは、赤みが残ってしまうタイプや茶色いシミになってしまうタイプ、肌が凸凹になってしまうタイプなどです。

できてしまったニキビ跡はをキレイに治すには、肌のターンオーバーが欠かせません。

肌のターンオーバーを促進してくれるのがホワイトルマンに含まれているビタミンCです。

ホワイトルマンには、通常のシミ・そばかす対策の医薬品よりも多い、1,200㎎ものビタミンCが含まれています。

ビタミンCの効果は、新陳代謝を高めてくれるので、免疫力やニキビの予防に効果が期待できるのです。

また、ビタミンB2が含まれているので、皮脂の分泌をコントロールしてくれるので、ニキビの改善効果も期待できるのです。

まとめ

塗るタイプの日焼け止めとは違い、飲むタイプのホワイトルマンは内側から症状を改善させてくれる効果が期待できます。

その為、肌質や肌の状態に関係なく、使用する事ができます。

また、肌トラブルで悩んでいても、含まれているビタミンの効果で内側から改善させてくれるので、肌質が良くなり、美肌を目指すことができます。

シミ・そばかすで悩んでいる方も、そうでない方でも、安心して飲むことができる医薬品なのです。