ホワイトルマンに豊富に含まれているビタミンCの効果や働きは?

Pocket

ホワイトルマンに含まれているビタミンCは1200㎎(4カプセル中)なので、一般的なシミ・そばかす対策の医薬品やサプリメントよりも多いです。

その為、ホワイトルマンを飲み続けることで毎日のビタミンCの摂取は賄えてしまいます。

ホワイトルマンはシミ・そばかすに効果を発揮するとうたっていますが、ビタミンCが含まれている事で、ビタミンCが持つ効果も同時に発揮する事ができます。

今回は、そんな豊富に含まれているビタミンCの効果について解説していきます。

ビタミンCってなに?

大切な栄養素という事は知っていてもビタミンCが何なのかを知らない人は多いでしょう。

ビタミンCとは、水溶性ビタミンの一種で、科学名は「L-アスコルビン酸」といいます。

生体内では通常還元型のL-アスコルビン酸か酵素型であるL-デヒドロアスコルビン酸の形で存在しているのです。

しかし、ほとんどの哺乳動物は体内でブドウ糖からビタミンCを作り出すことができますが、人間は合成に必要な酵素がない為、体内でビタミンCを作り出すことはできません。

なので、食べ物から摂取していかないといけないのです。

ビタミンCは、16世紀から18世紀ごろの大航海時代の頃に、新鮮な野菜や果物の摂取量が非常に少なった船員たちの間で流行ったものです。

壊血病を予防するとしてオレンジ果汁から発見され、広く普及したと言われています。

ビタミンCの働きは?

ビタミンCは、骨や腱等の結合たんぱく質でもあるコラーゲンを作り出すのに必須と言われている化合物です。

その為、ビタミンCが不足してしまうとコラーゲンが生成できないので、血管がもろくなってしまい、出血しやすくなってしまいます。これが壊血病と言われる病気の症状になります。

壊血病には、その他にもイライラしやすくなる、貧血を起こしやすくなる、筋肉が減ってしまう、心臓に障害が起こる、呼吸が困難になる、などの症状もあります。

しかし、ビタミンCを適度に摂取しておくことで、毛細血管、歯、軟骨などを正常に保ってくれるのです。

さらに、皮膚のメラニン色素の生成を抑えてくれたり、日焼けを防ぐ効果、ストレスや風邪などの病気から抵抗力を高めてくれる為、シミ・そばかすへの効果が期待できるというわけです。

なので、ホワイトルマンを飲み続けることで、壊血病の予防、コラーゲンの生成の手助けを同時にできるのです。

また、最近はビタミンCの抗酸化作用が注目されていて、がんや動脈硬化の予防、老化防止に対しても有効に働くことが期待されています。

ビタミンCの一日の平均摂取量はどれくらいが理想なのか

体内でビタミンCを作ることができない人間は、食事やサプリメント、栄養補助食品などで摂取しなければいけません。

では成人の一日の摂取するべきビタミンCの推奨量はどれくらいなのかですが、これは100㎎だと言われています。

通常の食事での過剰摂取に関しては、上限はありません。

なので、摂取し過ぎてしまってもそこまで気にしなくてもOKです。

ただ、サプリメントなどの場合、人によっては吐き気、下痢、腹痛などの症状を起こしてしまう事もあるので、注意が必要です。

日本人のビタミンCの平均摂取量と野菜の目標摂取量

日本人のビタミンCの平均摂取量は平成27年度の国民健康・栄養調査では97.9㎎となっています。[注1]

[注1]栄養素等摂取状況調査の結果

ビタミンCの平均摂取量に対して、目標となる野菜の摂取量は成人の方で350gとされています。アメリカのがん研究財団がまとめたがん予防に関しての報告では、野菜と果物は、1日400g~800g以上又は、1日に5皿以上食べる事が推奨されています。

大人が両手1いっぱいに野菜を持った時の量が大体100g程度とされているので、目安として、両手いっぱいの緑黄色野菜と両手2杯分の淡色野菜を毎日食べるようにするのが理想です。

しかし、毎日それだけの量を食べるのは難しいですよね。なので、ホワイトルマンなどの栄養補助食品などで積極的に摂取するようにするのがおすすめなのです。

ビタミンCは歯周病にも効果がある?

歯周病とは、歯茎のコラーゲン線維が破壊され、歯茎が減ってしまう病気です。

しかし、ビタミンCを摂取しておくことでコラーゲン合成促進効果が期待でき、壊れてしまったコラーゲン線維の再生を促して、歯茎を健康に保ってくれる効果があるのです。

なので、ビタミンCはシミ・そばかすだけでなく、歯周病予防にも高い効果を発揮してくれる可能性があるのです。

コラーゲンの線維とは?

コラーゲンの線維は、歯茎にとって大切な構成要素のひとつで、歯と歯茎と歯槽骨を結び付ける役割をしています。

その為、歯茎にとってはとても大事な役割を果たしているのです。

しかし、歯周病になってしまうと、歯茎のコラーゲン線維が壊れてしまい、歯茎が腫れたり、出血したりしてしまいます。

ビタミンCの役割は、コラーゲンの合成促進効果が期待できるので、壊れたコラーゲン線維の再生を助けてくれて、歯肉炎を予防してくれます。

なので、歯茎の健康維持には欠かすことができない栄養なのです。

ストレスとビタミンCの関係性

ストレスが多い人ほど、ビタミンCを多めに摂取すると良いといわれています。

この場合のストレスは、暑さ、寒さ、疲労、苦痛、心痛、睡眠不足、働き過ぎによる精神的な疲労、物理的なストレスなどの事をさします。

また、タバコをよく吸う人も、ビタミンCを多く消費してしまっていると言われているので、積極的に摂取するようにすると良いでしょう。

ホワイトルマンは、成人の方が一日に必要とされるビタミンCの量を即座に摂取する事ができるので、わざわざビタミンCを多く含んだ食品を食べる必要がありません。

ビタミンCが大量に失われてしまうこと

ビタミンCは、ちょっとしたことでも大量に消費されてしまい、体内で不足しがちになってしまいます。

ビタミンCが多く失われてしまうのは以下のような行動です。

ビタミンCが多く使われてしまうもの
・風邪を引いた
・タバコを吸う
・アルコールを摂取する
・ストレス
・激しい運動をする

風邪をひく

ビタミンCは風邪のウイルスと直接的又は、間接的に闘おうとするので、普段よりも大量皮消費してしまう事になります。

風邪にならないように普段から予防する事で急激な消費を防ぐことができます。

タバコを吸う

タバコを一本吸うだけで約25~100㎎程のビタミンCを消費してしまう事になります。

これは、成人の方が一日で摂取しなければいけないビタミンCの量とほとんど変わりません。

また、実際には吸わなくても、副流煙でもビタミンCは失われてしまうと言われています。

アルコールを摂取する

アルコールを大量に摂取する事で、分解を助ける効果があるビタミンCは大量に失われてしまいます。

その為、体内のビタミンCの消費も早くなり、不足しやすくなってしまいます。

ストレス

先程もストレスによってビタミンCが失われてると書きましたが、具体的には、通常の3倍~8倍ほどの量が失われてしまうと言われています。

その為、過度なストレスはビタミンCの不足を加速させてしまいます。

しかし、ストレス社会では、ストレスを感じずに生きるのは難しいです。

なので、適度にストレスを解消させるようにして、しっかりと栄養補給をする必要があります。

激しい運動をする

ストレスの解消には運動は良いと言われていますが、激しすぎる運動はかえってビタミンCを消費してしまう事になります。

というのも、ビタミンCは汗とともに失われてしまう為です。

エネルギーを大量に使ってしまうと、ビタミンCの消費も激しくなってしまい、尿中への排泄も早くなります。

その為、軽めの適度な運動を心掛けるようにすると良いでしょう。

まとめ

ビタミンCは、シミ・そばかすに効果があるだけでなく、コラーゲンを作り出すのに必須の栄養素です。

また、普段の生活で使っていないようで、あらゆる行動で消耗してしまっているので、常に摂取していく必要があります。

人間が一日に摂取しなければいけないビタミンCの量は約100㎎と言われています。

普段の食生活で摂取するのが難しい人でも、ホワイトルマンなどの医薬品やサプリメントで簡単に摂取する事ができるので、積極的に摂るようにしましょう。

シミ・そばかす対策をしながら歯周病などの予防も行えるのは一石二鳥といえます。