シミができる原因と対策などについて解説

Pocket

鏡を見るたびに気になるシミやそばかす。

増えたり濃くなったりしたらどうしようって考えると不安になると思います。

そんなシミ・そばかすは思い立った時に対策を始めるのが肝心になります。

しかし、そもそもシミ・そばかすはどうしてできてしまうのか?わからない人も多いと思うので、詳しく解説していこうと思います。

シミ・そばかすの原因やそれぞれの違いについて

シミができてしまっている箇所は、メラノサイトがメラニンを過敏に生成してしまうことで起こっています。また、食生活やストレス等で肌のターンオーバーがスムーズにできなくなると肌内部にメラニンが蓄積してしまい、シミとなってしまいます。

シミとそばかすはひとくくりにされる事が多いですが、その原因は全く違います。

また、シミはいくつかの種類があり、その種類によっても原因が違ってくるのです。

老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)

別名を「日光性色素班」といい、シミの中では比較的多くみられるのがこのタイプになります。

30代~40代以降にできる事が多いシミで、直径は数㎜~数㎝くらいの大きさです。円状の形をしているのが特徴になります。

色は薄茶色~茶色くらいで、境界がはっきりとしています。主に紫外線を浴びやすい顔や手の甲、腕などにできやすいと言われています。40代以降にできやすいと言われていますが、長時間紫外線を浴びる人ほどできやすいため、年齢を問わない事もあります。

肝斑(かんぱん)

肝斑は、両頬に左右対称にできるシミの事で、広範囲に現れるのが特徴です。色は薄茶色で、女性ホルモンの乱れが原因で起こるのが一般的です。

その為、女性ホルモンが乱れがちな30代~50代くらいの女性に多く現れると言われています。

女性ホルモンの影響を強く受ける為、妊娠中に現れる事もあり、紫外線を浴びるとシミが濃くなったり、広範囲に広がったりもします。

そばかすの原因

そばかすは、正式名称を「雀卵斑(じゃくらんはん)」と言います。そばかすの原因のほとんどは遺伝です。

5㎜以下の小さなシミが鼻の周りを中心にして散らばるように現れるのが大きな特徴です。

一般的には年齢とともに目立たなくなっていきますが、強い紫外線を浴びると濃くなっていく場合があります。

シミ・そばかすを予防するためにできることは?

シミは完全に消すことは難しいですが、大切なのはシミができないように予防をする事です。

紫外線は夏だけでなく、一年中浴びることになるので、常に対策するように心がけましょう。

紫外線の種類

紫外線には以下の3種類があります。

紫外線の種類
・UV-A(紫外線A波)
・UV-B(紫外線B波)
・UV-C(紫外線C波)

この中でUV-Cだけはオゾン層に吸収されてしまう為、地表には届かないので気にしなくても問題ありません。気にするのはUV-AとUV-Bだけです。

UV-A(紫外線A波)

地表に降り注いでいる紫外線の約9割はUV-Aだと言われています。波長が長く、雲や家の中、車の窓ガラスなんかも透過して肌に到達するので、生活紫外線と言われる事もあります。

シミやそばかすだけでなく、シワやたるみなどのほとんどはUV-Aが原因で起こると言われています。

UV-Aは、波長が長い為、肌の真皮層まで届きます。UV-Aを長く浴びることで、ハリや弾力などを生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作っている線維芽細胞(せんいがさいぼう)を傷つけてしまいます。

その為、肌は弾力を失ってしまうので、シワやたるみができてしまうのです。

UV-B(紫外線B波)

UV-Aに比べて波長が短いのがUV-Bです。野外にいることで起こる日焼けの原因のほとんどがUV-Bなので、レジャー紫外線と言われる事もあります。

UV-Bでも、長く浴び続けると肌が炎症してしまい、メラニンを作ってしまうのでシミや色素沈着の原因になります。

UV-Bは、UV-Aのように真皮層までは届きませんが、表皮に様々なダメージを与えてしまいます。

肌が火傷したように赤く炎症を起こしてしまうサンバーンやメラニン色素が沈着する事で肌を黒くしてしまうサンタンといったものの原因になります。また、色素沈着してしまうことで起こるシミやそばかすの原因にもなります。

肌のターンオーバーが乱れる原因

メラニンが過剰に生成されると、通常はターンオーバーによって垢とともに外に排出されます。個人差はありますが、ターンオーバーのサイクルは若い人で28日周期、中高年の人で60日周期と言われています。

しかし、以下のような事が原因でターンオーバーが遅れる事があります。

ターンオーバーが乱れる原因
・睡眠不足
・ダイエット、偏食などによる栄養不足、偏り
・紫外線
・肌の乾燥
・クレンジングなどで洗顔をせずに寝る

少し細かい書き方をしましたが、要は「食生活や生活習慣の乱れがターンオーバーを乱れさせる原因である」ということです。

シミ・そばかす対策に効果的なもの

シミ・そばかす対策で一般的なのは日焼け止めや美白化粧品です。

しかし、どれを選んだら良いのかわからない人もいると思うので説明していきます。

日焼け止め

紫外線をカットする役割を果たしてくれる表記の目安は「SPF」と「PA」です。

SPF

SPFは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Facter)の略です。主にUV-Bを防止する効果を発揮してくれるものの目安になります。

1~50+まであり、数字が大きいほど効果が高いです。

しかし、どう効果が高いかはわかりませんよね。単純に30だと30時間効果が持続し、50だと50時間効果が持続するという意味なのかと思う人も多いと思いますが、そうではありません。

紫外線が肌に当たってから日焼けしてしまうまでは人によって個人差はありますが、大体15分~20分程度だと言われています。

例えば、SPFの数字が30だとしたら、日焼けしてしまう時間を30倍遅らせるという意味になります。

その為、例えば日焼けができるまでが20分かかるとしたら、「20分×30倍=600分(約10時間)」に延長する事ができるということになります。

これが10分で日焼けしてしまう人の場合は、「10分×30倍=300分(約5時間)」に延長ができるということです。

つまり、SPFの数字は時間を表しているのではなく、防御力の高さを表しているのです。その為、日焼け止めで日焼け対策をしたとしても100%防げるというわけではなく、少なくすることができる、という意味なのです。

PA

PAとは、「プロテクショングレイドオブUVA」の略で、UV-Aを防止する効果を発揮してくれるものの目安の事です。

「+」の多さで効果の高さを表しています。

PAには4段階あり、それぞれ以下のような効果があります。

PA+ UV-Aに対して効果がある
PA++ UV-Aに対してかなり効果がある
PA+++ UV-Aに対して非常に効果がある
PA++++ UV-Aに対して極めて高い効果がある

UV-Aは、UV-Bと違い、一年中安定して降り注いでいるので、シミやそばかすなどが気になるのであればしっかりとケアをしていく事が重要になります。

美白化粧品

シミ・そばかすの予防をするなら、日焼け止めだけでなく、メラニンの生成を抑えてくれる美白有効成分が配合されている美白化粧品を使うのも良いでしょう。

美白有効成分というのは「メラニンの生成を抑制させて、シミやそばかすを防ぐことができる効果のある成分」の事です。

今現在わかっているだけでも20種類程度はあり、よく聞くのは「4MSK」と「m-トラネキサム酸」だと思います。

4MSK

4MSKとは、4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称で、サリチル酸の誘導体の事です。

酵素チロシナーゼの活性を抑えて、メラニンの生成を抑制してくれるのですが、それだけでなく、シミのある箇所で起こっている慢性的な角化プロセスの乱れに対しても作用してくれ、溜まったメラニンを外に排出してくれる効果を持っています。

m-トラネキサム酸

m-トラネキサム酸は、「メラノサイトの活性化を抑制する」のと、「肌荒れを抑制する」ことの2つに対して作用してくれます。

この2つの効果の中でもm-トラネキサム酸の場合は、メラノサイトの活性化を抑制する方の効果に対してポイントを置いた成分です。

m-トラネキサム酸は、外側からゆっくりと浸透していき、肌内部にメラニンを蓄積させないようにサポートしてくれるのが大きな特徴です。

まとめ

シミやそばかすの対策をするなら日焼け止めや美白化粧品を使用するのが一番ですが、塗るタイプだと塗り残しがあったり、手が届かなかったりして、均等に効果を発揮させる事は難しいです。

しかし、ホワイトルマンを使用すれば、飲んで内側から効果を発揮してくれるので、塗り残しによる効果ムラを無くすことができます。

手が届く顔などの気になる箇所にはクリームタイプを使用しても良いと思いますが、合わせて飲むことでも対策をしてあげると、より効果的にシミ・そばかすにアプローチする事ができます。