ホワイトルマンの副作用と安全性は?飲み方は?

Pocket

ホワイトルマンにはシミやそばかす対策ができる成分がたくさん含まれていますが、「飲む医薬品」なので、れっきとした薬です。

その為、気になるのは副作用があるのかだと思います。

塗るタイプのシミ・そばかす対策のものは、肌に合わないと炎症を起こしたり、痒みが出たりしますが、ホワイトルマンはどうなのかをを詳しく解説していきます。

ホワイトルマンは医薬品

ホワイトルマンは、サプリメントなどの医薬部外品とは違い、医薬品です。

医薬品には第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品の3種類がありますが、ホワイトルマンは「第3類医薬品」になります。

第1類医薬品や第2類医薬品などに比べると、副作用は出にくいとされている分類になります。

しかし、全くでないわけではないので、体に合わなかったり、体質に合わなかったりすると何かしらの副作用が出てしまう可能性はゼロではありません。

ホワイトルマンを飲むことで起こってしまう副作用にはどういうものがあるのか

ホワイトルマンを飲むことで起こる副作用は、主に以下のようなものがあります。

副作用
・吐き気
・嘔吐
・胃部不快感

胃部不快感は、空腹の時にホワイトルマンを服用すると起こしやすくなりますので、気をつける必要があります。

また、ビタミンEが多く配合されているからといって、摂取過多にならないようにする事が大事です。他のビタミンEを含んでいる製品との併用をする時は気をつけるようにして下さい。

吐き気や嘔吐はわかると思いますが、胃部不快感はわかりにくいと思いますので、簡単に説明します。

胃部不快感とは?

病院に行くほどではないが、ちょっとした気持ち悪さやムカムカするなどの症状を起こしてしまうのが胃部不快感です。

胃の不快感は胃に原因がある時もあればそうでない時もあります。短期間で治まるようであれば問題ないことが多いですが、長期間続き、手で胸をこすってしまうような状態であれば医師や薬剤師に相談してみましょう。

一般用医薬品の種類

一般用に販売されている第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品とはどういうものなのかを簡単に解説します。

第1類医薬品

第1類医薬品は、一般医薬品の中でも使用実績が少ないもの、副作用、飲み合わせなどで安全性に関して注意が必要なものになります。

その為、薬剤師の説明を聞かないと買うことができません。解熱鎮痛剤などがこれに当たります。

第2類医薬品

第2類医薬品は、副作用や飲み合わせに関して多少気をつけないといけないものになります。薬剤師また、講習を受けている販売員からしか購入する事ができません。

風邪薬や解熱鎮痛剤などがこれに当たります。

第3類医薬品

第3類医薬品は、副作用や飲み合わせに関して多少注意は必要ながら上記のものよりも副作用が起きにくいものになります。

こちらも薬剤師または、講習を受けた販売員からしか購入する事ができません。

一部のビタミン剤、整腸剤、消化剤などがこれに当たり、ホワイトルマンもここに該当します。

ホワイトルマンの飲み方や飲むタイミング

ホワイトルマンは1日2回、朝と夕方または夜に服用します。

年齢による飲む量は以下のようになっています。

服用数
・15歳以上:1回2カプセル(1日4カプセル)
・11歳以上:1回1カプセル(1日2カプセル)
・7歳以上:1回1カプセル(1日2カプセル)
・7歳以下:服用ができません

服用は15歳以下でもできます。しかし、必ず大人が管理するようにしてください。副作用が出てしまうこともありますので、何かしらの異常が見られたら必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

ホワイトルマンは食後である必要はなく、食前だったり、空腹時でも服用は可能ですが、吐き気や嘔吐、胃部不快感などの症状は多少出やすくなることもあるので、注意するようにしましょう。

もし、ホワイトルマンの効果を高めたいのであれば、朝食後と夕食後の30分以内に飲むのが良いでしょう。

食後に飲むのが良い理由

食後は胃腸の働きが活発になっている時なので、消化や吸収が早くなります。その為、ホワイトルマン自体の消化・吸収も早まり、効果が発揮されやすくなります。

ホワイトルマンのデメリットとして「即効性がない」ことが挙げられます。

個人差はありますが、早い人なら1ヶ月程度で効果が出始めます。しかし、ほとんどの人は2ヵ月~3ヵ月程度服用する必要があります。

その為、できるだけ消化や吸収が早い段階で飲むようにするのが、もっとも効果を高めることができる方法なのです。

また、服用をやめてしまうとシミやそばかすが再び出やすくなってしまうので、できるだけ飲み続けることが大事です。

まとめ

ホワイトルマンの副作用や飲み方などについて紹介してきました。

ポイントは以下になります。

ホワイトルマンのポイント
・第3類医薬品なので副作用は出にくい
・1日2回、朝と夕方にのむようにする
・食後30分以内がもっとも効果が期待できる
・即効性がない為、継続して飲むようにする

ホワイトルマンはサプリメントとは違い第3類医薬品なので、必ず用法や容量は守って飲むようにしてください。

飲み続けることで効果を発揮する商品なので、まずは2ヵ月程度飲み続けてみると良いでしょう!